自動売買のトレードバトル開催!

ロボアドバイザーの仕組みと選び方

どうやって資産形成したら良いかわからない方はロボアドバイザーが最適です
今、多くの人が資産形成に関してとても大きな期待と関心を寄せています。

しかし、具体的にどのような方法で取り決めはいいのか分からないのが正直なところでしょう。

そんな方達におすすめのが「ロボアドバイザーによる資産形成」です。

ロボアドバイザーとは

「ロボアドバイザー」とは今は多くの人が持っているパソコンやスマートフォンでできる資産運用のことです。

その人の資産状況などをAIなどのビッグデータで診断し、最も相応しいと思われるポートフォリオすなわち資産配分を提案してくれるのです。

こんな人に向いています

  • 株やFX以外での投資に興味がある
  • 最適な投資先がわからない
  • ネットで状況を把握したい・管理したい

自分が預けている資産をその人に代わって管理したり運用をしたり資産形成を代行してくれるサービスのことなのです。

ロボアドバイザーには2つの種類があります。

  1. 投資する人達に対してベストだと思われる資産の配分や投資対象をアドバイスくれるもの
  2. 上記に加えて実際に資産運用までを行ってくれるもの
「アドバイス+運用」のロボアドバイザーは投資家の人が申し込んでロボットの提案内容を了承するだけで後は機械側に全ての運用まで任せることができるのです。

ロボアドバイザーの仕組み

ロボアドバイザーは投資家が運用サービスを提供している会社のサイトやアプリを利用しますが、申し込み時にはロボットアドバイザーの質問に答えていく必要があります。

ロボアドバイザー「THEO」の診断例

自分の年齢、収入、現在所有している金融資産の他、会社によってはリスクに対する許容限度などの質問がありますのでそれらに回答していきます。

その回答をベースにロボットアドバイザーがその人に最適だと思われる資産運用のポートフォリオを提案してくれるのです。

その提案に納得できたらその内容を了承します。

決定した内容に基づいてロボットアドバイザーは最適と思われる商品を購入したり、購入・運用後のポートフォリオのバランス再調整などを行っていくことになります。

ロボアドバイザーのメリット・デメリット

任せるのはメリットもデメリットもありますね

ロボアドバイザーのメリット

やはり一番大きいのは自分で投資商品を選び購入する煩わしさが省けることが挙げられます。

本来なら投資家自らが対象となる資産を配分した上で、最適と思われる投資先を選択して各商品の収益性やリスクも考慮しながら選ばなければなりません。

これら一連の作業が投資経験の薄い人であればどのような形で選択したらいいのか分かりませんし、かなりの時間も必要となるために大きな負担となってしまい、投資するまでにかなりの時間を要してしまいます。

注意
これ自体がタイミングを逸することにもなり、コストパフォーマンスの悪い商品を選択してしまうリスクもあります。

しかし、ロボアドバイザーによる運用はロボット側が最適な方法をプランニングして、それを選択さえすれば後は自動で進めてくれるので自ら投資を選ぶよりも簡単にそして素早く取り組むことができます。

自分で判断しない…も大きなメリット

もう一つのメリットとして投資先は自分の判断で評価するのでそれなりのリスクも伴いますが、ロボットアドバイザーはその人のリスクに限度に合わせた金融商品を独自のデータを基に選択してくれます。

これなら投資に関する知識がなくても成功する確率の高い投資先を選ぶことが出来ますし、感情に振り回された根拠のない売買をすることがなくなります。

MEMO
人間特有の感情は投資をする上で冷静さを失わせ判断を誤らせますし、初心者になればなるほどその傾向は強くなります。

そういった点でロボアドバイザーが冷静に数値的な判断を下してくれるのはより成功率を高めることにつながります。

ロボアドバイザーのデメリット

運用コスト順に並べると

株式投資 < ロボアドバイザー < 銀行などの投資信託

となり、投資信託よりも低コストですが株式投資よりはコストが高くなります。

ただしこれはリスクの大きさ、難しさにも比例しているので、ロボアドバイザーは中間に位置しているということになりますね。

やはり銀行の投資信託はプロのアドバイザーに任せることになるのでコスト高になります。

また資産運用を本人に代わって全て行ってくれるので、投資をしたことのない初心者にとっては知識が身につきにくいのも一つのデメリットです。

ロボアドバイザー大手3社

国内で有名なロボアドバイザー会社です
ロボアドバイザーの会社と言っても特殊な会社ではなく一般的な証券会社です。

THEO

theo
資産運用の経験があまりない20代・30代を中心に支持を得て、運用者は5万2千人を突破!(2018年7月31日現在)
theo THEOの登録・口座開設方法

THEOの特徴

  • 地域銀行・大手銀行とも提携してサービスを展開
  • 必要資金は毎月1万円からスタートできる
  • 365日24時間いつでも出金申し込みが可能

もしかしたらTHEOの文字を銀行で見かけたことはありませんか?

大手では新生銀行と提携し「THEO+新生銀行」を展開。

その他地域の大手銀行や企業とも提携しその数は19あり、信頼の高さを感じます。

MEMO
提携企業で有名なところでは「NTTドコモ(THEO + docomo)」があります。

最大30種類以上のETFを組み合わせて231通りの中から、投資に適したポートフォリオを提案。

自動積立ができるから、放ったらかしで資産運用が出来てしまいます。

無料診断できます

FOLIO

FOLIO
FOLIOは完全な「おまかせ投資」以外にもLINEと提携した「LINEスマート投資」や「テーマ投資」など独自の投資があるので、自分の好みも反映させたい方にオススメ。
FOLIO口座開設方法 テーマ投資・スマート投資で話題のFOLIO申込方法

FOLIOの特徴

  • 10秒で終わる資産運用プランの診断からそのままスタート可能
  • 世界中の資産に分散投資
  • 積立ではなく最低10万円から

言わずとしれたLINEとも提携しており、CM等での露出も多いため抜群の知名度を誇ります。

ロボアドバイザーとして利用するのは「おまかせ投資」ですが、テーマ投資も他社にはない資産運用なので一見の価値ありです。

機能は標準的ですが、洗練されたサイト構成や投資先の企業が分かりやすいなど他社とは一線を画したロボアドバイザー会社です。

スマホで簡単申込!

WealthNavi

WealthNavi
預かり資産1500億円、申込件数22万口座を突破!「長期・積立・分散」の資産運用を全自動で
ウェルズナビ WealthNaviはロボアドバイザーを利用した自動資産運用サービス

WealthNaviの特徴

  • 約50カ国11,000銘柄以上に国際分散投資
  • WealthNavi for JAL などマイルが貯まるサービスもあり
  • 日本初の機能、自動税金最適化(DeTAX)を搭載

日本最大級のロボアドバイザー口座は信頼性が高いことと、提携先の多さや多機能性が評価されている証拠です。

みずほ銀行を始めとする大手金融機関からの出資もあり経営基盤は盤石。

マネーフォワードやMoneytree、Zaimなどのクラウド会計サービスとも連携し資産チェックが容易になります。

分配金の自動再投資や自動税金最適化などは利益に直結する独自機能です。

独自の便利機能が多数あり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。