投資って怖い?独断と偏見の投資ジャンル早見表

ソーシャルレンディングの仕組み・メリット・デメリット

ソーシャルレンディングとはお金を借りたい会社とお金を運用し増やしたいと考える人をマッチングするサービスのことです
近年では、ソーシャルレンディングは新しい資産運用の形として台頭してきました。

個人から資金を集めるという点ではクラウドファンディングに似ており、1万円程度から始められるため非常に敷居が低く始めやすい資産運用方法となっています。

ソーシャルレンディングをザックリいうと

  • 株式投資やFX等とは違い値動きがないためにリスクが少なく、かつ定期預金以上の利子を期待できるようになっているため、安心して資産を増やしやすい方法です
  • ソーシャルレーティングは基本的には特定のウェブサイトによってオンライン上で取引されています
  • パソコンやネットさえあれば簡単に始めることができ、難しい知識も必要ないのでどの年代の方でも気軽に始めることが可能です

ソーシャルレンディングの仕組み

ソーシャルレンディングとは、お金を貸して利息収入で儲ける投資の一種です。

資金を必要としている会社に、個人の投資家がお金を貸すことで会社が資金を調達できるようになっています。

お金を借りた会社は銀行のように利息をつけて返済することになるため、個人の投資家には毎月利息収入が入ってくるということになります。

つまり個人の投資家は安定して収入を得続けることが可能になるということです。

MEMO
仕組みとしてはクラウドファンディングと似ているため、融資型クラウドファンディング、貸付型クラウドファンディングと呼ばれる場合もあります。

ミドルリスク・ミドルリターンと位置づけられています

肝心の利回りはリスクに応じて年利5%~10%まで幅広く選択することが可能で、実質的には投資ではなく融資といった形になるため、借り手が保有する不動産などを原則としては担保として取る形になります。

また、借り手が万が一借りたお金を返せない場合、担保を売却して資金回収を図ることが可能になっています。

注意
担保については融資に参加している個人が直接取るのではなく、ソーシャルレンディングの会社が担保として取るということです

ソーシャルレンディングのリスク

ソーシャルレンディングは元本保証ではないので少なからずリスクもあります。

担保を売却した場合にも、資金を全額回収できない場合には元本割れが起こってしまいます。

しかし、ソーシャルレンディングは1案件数万円から投資ができるため、1つではなく複数の投資案件に分散投資をすることによって、リスクを低減することができます。

ソーシャルレンディングの流れ

手順1
案件を公表し出資者を募る
ソーシャルレンディング事業者が不特定多数の個人の投資家からお金を集めます
手順2
まとまったら投資先へ送金
資金を必要としている借り手、会社または個人に融資します
手順3
借り手が返済する
借り手は借り入れた資金の利息をソーシャルレンディング事業者へ支払う
手順4
投資者が分配金を得る
ソーシャルレンディング事業者はそれを元に個人の投資家へ分配金を支払います

ソーシャルレンディングのメリット・デメリット

このような新しい資産運用の形であるソーシャルレンディングには様々なメリットやデメリットがあります。

高い利回りが最大のメリット

当然事業者やファンドにもよるのですが、ほとんど利息のつかない銀行預金よりも遙かに高い利回り(5%など)を期待できます。

これは財務的には健全でも、銀行から融資を受けられない企業に対し高い金利で融資を行うためで、その分の利息が投資した出資者への還元となるからなのです。

企業としては借入期間の短い融資、少額の融資、創業年数が短い企業の場合などは、銀行からの融資を受ける難易度は格段に高いものです。

しかし一方でソーシャルレンディングは、銀行関係なく柔軟に融資審査を行います。

MEMO
返済に対する確実性は厳しく審査するものの、創業年数などに必ずしも縛られない審査内容です
このように融資する側もリスクを負う分、金利は高めに設定されるということなのです。

一度融資してしまえばほったらかしでよい

ソーシャルレンディングでは、株や為替のように価格が日々上下に動くということはありません。

ですから投資したらそのあとは何もしなくても大丈夫なのです。

しいて言えば分配金が予定どおり支払われているか、といった確認を行う程度です。つまり株や為替と比べてとても簡単に管理することが可能なのです。

融資先企業の貸し倒れのリスクがデメリット

お金を借りた企業が全額返済をしてくれれば問題ありませんが、様々な理由から返済できない企業が出てきた場合、投資家の元本にも影響が及んでしまいます。

また、早期償還、延滞が発生する可能性があるという点です。ファンドが予定通りに償還されない場合も少なからずあるのでこの点には注意が必要です。

融資先が予定よりも早く全額返済をしてきた場合、償還日の前であっても個人の投資家の元に早く償還される可能性があります。

全額返済されると利息もそれ以上発生しません。よって早期償還というのはマイナスではありませんが、当初の計画通りのプラスにはなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。