投資って怖い?独断と偏見の投資ジャンル早見表

ワードプレスの使い方

ワードプレス
ワードプレスは無料であるにも関わらず、国内はもちろん世界中で多くの人に利用されているCMS(コンテンツマネジメントシステム)です。

ブログと言えばブログですが多くの場合ホームページとして使われており、それだけカスタマイズできる範囲が広いのです。

無料なのに?と思うかもしれませんが、それなりのデザインのものを作ろうとすると有料のテンプレートを購入したり(1万円~3万円位が多い)などでお金はかかりますが、サイトの作りやすさ、管理のしやすさにかけては個人の方が扱うのに最適です。

ワードプレスなら余計なプログラミングの知識が不要なため、コンテンツ作成に集中できるので初心者の方に最適です。

管理が簡単

ワードプレスはCMSです。コンテンツ・マネジメント・システムと言って、特別な知識を必要とすることなくページの仕分けや画像の管理ができ、効率的にWebページを公開できるシステムです。

以前はHTMLを用いてコードを書き、それによってカテゴリ分けや画像の配置を行っていました。

HTMLは1文字間違っただけでも正常に動きませんし、エラーを発見するのも大変です。

それに対し、ワードプレスは基礎的なプログラミングは不要で、入力フォームに従って文章を打ったり文字を配置していけば、自動的にレイアウト調整しながらページを作ってくれるのです。

かと言って全てが同じデザインになってしまうとか言うとそうでもなく、デザイン面でのカスタマイズも行いやすいのが特徴です。

こうした管理のしやすさから、個人だけではなく膨大なページを要する企業ページでも使われることになり、世界中で使われるようになったのです。

メリット・デメリット

ワードプレスのメリット

  • 無料
  • プログラミングの知識不要
  • IDとパスワードでどのパソコンからもログインして編集できる
ワードプレスのデメリット
  • 初期設定が面倒
  • 超細かいカスタマイズは知識が必要
なんと言っても無料でこれだけの機能が使えるのは素晴らしい。インストールも今はサーバー会社がやってくれるのがほとんどです。

デメリットの初期設定の面倒くささとは、何も気にせず初期のデザインで使うなら問題なし。しかしデザインに凝ってみたり使いやすさを追求するために操作パネルをカスタマイズしたりすると、プラグイン(追加機能)のインストールなどの手間がかかります。

これは面倒というだけであって、難しいというわけではありません。

参考テンプレート

私が主に使っているのは以下のテンプレートです。

賢威

広告などで見かける人も多いのではないでしょうか。ユーザーは多く、サポートも充実しているので初心者でも安心です。

私も分からないことがあって問い合わせしたら数時間のうちに返事が来ました。

シンプルなデザインが基本なので、カスタマイズして使っている人が多い印象です。

最近は専用のタグも充実してきており、だいぶ使いやすくなりました。

メシオプレス

ちょっとマニアックなテンプレートです。

サイドバーの追尾やアフィリエイト向けのランキング作成機能などが充実。

アフィリエイターの中にはこのテンプレートを使っている方も多いですね。

機能が多いのはいいのですが、初心者の場合はそこまで使いこなすこともないと思いますし、逆にゴチャゴチャしてしまう可能性があります。

そのあたりを使い分けられるならオススメのテンプレートです。

TCD

このテンプレートを販売しているページがものすごくカッコいいので、一度は興味を惹かれたことがある人は多いはず。

しかも種類が豊富なので、それぞれのシーンに合わせたサイト作りが可能です。

しかし使ってみて思ったのは、標準でのデザイン性が高いのでその分レイアウトもキッチリ整えられているため、手を加えようとするとアッチコッチのレイアウトが崩れたりして非常に手間がかかりました。

種類が豊富なのでしっかり選んでカスタマイズをしないで使うなら最適です。

SANGO

このサイトはSANGOで作っています。

賢威ほどシンプル過ぎず、TCDほど自由度がない訳でもなく、ちょうどいいテンプレートです。

製作者のサイトにてカスタマイズについての方法が詳しく丁寧に紹介されていますし、初期に必要なものも解説されています。

初心者から上級者までおすすめできるテンプレートです。

公開されてから一気に見かけるようにもなりましたね。

導入方法

サーバー業者が代行してインストール方法と自分でインストールする2つの方法があります。

サーバー業者によるインストール

国内のほとんどの有料レンタルサーバー業者では「ワードプレス簡単インストール」的なものが用意されています。

サーバー契約後にその項目を選んで手順通りに進めれば5分もしないでワードプレスが使えるようになります。

レンタルサーバーについてわからない方相場の値動きビットコインの値動き

自分でインストール

以前はこの方法しかありませんでした。

まずはここへ行きワードプレスの本体をダウンロードします。
ワードプレスダウンロードサイト

その後はFTPソフトでアップロードしてパーミッションを変更して…等々あります。この辺はネット上で検索すると出てくるのでそちらを見てもらったほうが詳しいと思います(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。