自動売買のトレードバトル開催!

【8/12~8/16】自動トレードバトル2週目・シストレ24がいきなり-32,620円!

スタートして2週目の結果報告です

インヴァスト証券を代表する3つの自動売買による自動バトル

インヴァスト証券で提供している以下の自動売買プログラムでトレードバトルを行っています。

  1. シストレ24フルオート
  2. トライオートFX
  3. トライオートETF
インヴァスト証券自動売買トレードバトル インヴァスト証券の人気自動売買トレードバトル 全て20万円スタートで資金の条件を揃えてあります。

シストレ24がいきなり-32,620円!

先週全くエントリーしないなーと思っていたら今週に入り急に3回もエントリー。

しかーし、下落トレンド終焉間近のところから「売り」…

おかげで結果はこんな状況になってしまいました。
シストレ242019年8月
これについては明確に原因が分かっています。

損が大きくなった原因とは

シストレ24のプログラムは順張りエントリーが多く、上昇または下落トレンドの初期に乗れれば大きく利を乗せることが出来ます。

今もちょうど7月から長く続いた円高トレンドでうまく行けば大きな利益につながります。

そこでプログラムからすれば「長く円高が続いているんだからこれからも同じだろう」と判断しエントリーした訳です。

MEMO
こうした場面では人間だと安易に逆張りして負けていることが多いのでプログラムはある意味間違っていません。
しかし実際は円高が一段落して反発しそうな時期に来ていました。

長く続いたトレンドなので反発も強烈。

でもプログラムはそこまで理解することが出来ません。

人間だったらさっさと損切りしていたものが規定の損切り数値まで引っ張るので損が大きくなったのです。

アルゴリズムが分からないのが仇となりやすい

シストレ24はトライオートと違ってアルゴリズムが分かりません。

その代わりそれぞれのプログラム(ストラテジー)が「金の卵」や「高勝率」というように、アイコンで調子が分かるようになっていて選びやすくしているのです。

一応シストレ24にも「ブルマスター」や「ベアマスター」など売りまたは買いが得意なプログラムもあるのでそれを選んでおくのも手でしたね。(今回はあえてフルオートなので仕方ない)
インヴァストシストレ24アイコン選びやすいというのはメリットですが、簡単すぎるので相場環境が変わると対応しきれない…というのがシストレ24だと思います。

トライオートETFはプラスだが含み損が増えた

トライオートETF
着実に利益は増えてますが、含み損のほうが大きく増えた結果となりました。

このETFは米・ナスダックで取引するのですが、相場環境的にはシストレ24と似てて連日高値更新でした。

最初はそこにうまくハマったのですがやはり反転し含み損が増えたのです。

しかし再度反転しながらレンジを形成しそうなので今後に期待です。

トライオートFXは順調?

トライオートFXは損も増えつつ利益がそれ以上に増えています。
トライオートFX
ちなみに前回はこちら
トライオートFX
まだまだ許容範囲ですね。

こちらは円の影響を受けにくい通貨(豪ドル/NZドル)であるというのも安定している要因だと思います。

欲を言えばもっと多い金額で動いて欲しいかな(笑)

まだ自動売買2週目なんでガマンガマン

課題は次に活かせるようにしていく
今現在はシストレ24に問題アリな感じがしますが、プログラム選びについて視野は広がりました。

トライオートについても「ビルダー」という機能があり、ニクさん(@niku_29niku_29)では好結果が出ているようなので、いずれチャレンジしたいと思います。


ん?僕の持ってるAUD/NZDは資金効率悪いって書いてある(笑)

いずれにしても始まったばかりです。FXで負ける要因は損切りの遅れが一番と言われますが、僕は右往左往することが負けやすい要因だと思います。

含み損が増えるのは辛いですが引き続き検証してきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。