投資って怖い?独断と偏見の投資ジャンル早見表

QRコード決済で迷っているならPayPayでお得にキャッシュレス!

流行が始まったキャッシュレス決済
経済産業省のキャッシュレス推進事業や10月の増税を前にして、キャッシュレスな生活にしたい!と思っている人は少なくありません。

QRコード決済アプリについても、ダウンロードしたいけれどセキュリティーの面や使い勝手、何よりもお得なのかどうか?と悩んでしまう人もいることでしょう。

現在、LINE Payや楽天ペイといったさまざまなQRコード決済がありますが、初心者におすすめなのがPayPayです。

宮川大輔さんを起用したCMや100億円あげちゃうキャンペーンなどで話題になったPayPay。

アプリサービスの開始から時間が経ち、お得感があまり感じられない人もいるかもしれません。

しかし、数あるQRコード決済サービスの中で、PayPayは他のサービスよりも複数のメリットがあるので初心者にこそPayPayがおすすめです。

ソフトバンクグループの子会社という安定感

ペイペイ
PayPayは、PayPay株式会社が展開するQRコード決済サービスです。

PayPay株式会社はソフトバンクグループの子会社であり、その点で潤沢な資金をもって運営されています。
資金が豊富だと
他社との競合に負けたりしても簡単にサービスが無くなってしまうことがないということです。

せっかく使い込んでいるのに運営会社がなくなる…なんてリスクは避けたいですよね。

Yahoo!IDを持っていれば、そのデータを使ってすぐに利用できるのも大きな特徴です。Yahoo!カードと連携すれば、クレジットカードのポイントを貯めることもできます。

支払いも簡単で着せ替えも楽しい

PayPayの良いところは、支払い方法がとてもスムーズな点です。アプリをタップするだけでPOSによって読み取れるバーコードが表示されます。

それゆえ、コンビニや大きなドラッグストアであれば、表示画面をレジ係の人に提示するだけで支払い完了です。

また、個人商店などではお店の店頭にあるQRコードを読み取り、支払う金額を入力する必要があります。

MEMO
失敗したら取り消せないと思うかもしれませんが、すぐにお店側で修正することができるので、押し間違いなどを気にする必要はありません。
そして、他のQRコード決済アプリでは画面がいつも同じになってしまいますが、PayPayは表示画面を着せ替えて楽しむこともできます。

期間限定でアニメや映画とタイアップした画面にチェンジできるので、自分好みの画面を楽しむことができるのも魅力です。

使えるお店も続々増加中

PayPayが使える店舗の一例
paypayが使えるお店

他にもドラッグストア・飲食店・居酒屋でも!
さらに、初心者がQRコード決済をためらう理由として「この場所で使えるのだろうか?」という心配が挙げられます。

その点、PayPayは大手コンビニなら全国どこでも使えますし、ドラッグストアもほぼ網羅的に利用できるので、普段の買い物で使えるチャンスがたくさんあります。

PayPayは今あるQRコード決済アプリの中でもっとも使える店舗が多いアプリの一つ

個人商店などでも、店頭に置いてあるQRコードを読み取るだけで簡単に支払いを済ませることができます。

使えるお店かどうかは、アプリ内にある地図で確認することができるので、現在地からすぐに使えるお店が分かります。

現在、行きたいお店を検索する機能は店舗名からしかできませんが、飲食店であれば、RettyのHPにてPayPayが使えるお店検索を行うことが可能です。

国の政策に参加する店舗も増加中!

経済産業省が10月から始めるキャッシュレス還元事業によって、PayPayでの支払いでも5%の還元が得られます。
キャッシュレス事業
商店街などでまとまってPayPayに加入しているお店も多いので、地方都市などでも使いやすいのがPayPayの魅力です。

お得なキャンペーンを随時展開中

QRコード決済としてサービスを展開する企業は、お得なキャンペーンを多く実施しています。PayPayも例外ではありません。

PayPayの場合は、複数のキャンペーンを実施しており、新規導入店舗とのコラボなどがあります。

注目のキャンペーン一例

  • 10月5日にユニクロでヒートテックをPayPayで購入するともう1枚もらえるキャンペーン
  • 20回に1回の確率で1000円を上限としてポイントの全額還元が受けられるPayPayチャンス
  • お得っ区(おとっく)と呼ばれる地域限定の還元キャンペーン

※キャンペーンは期限や条件等が設定されている場合があります。

毎月異なるキャンペーンを実施

PayPayで行っているキャンペーンの一例
ペイペイキャンペーン
PayPayの場合、単発のキャンペーンだけでなく毎月異なる継続的なキャンペーンを実施しています。

8月にはランチタイムでの20%還元、9月にはスーパーマーケットでのお買い物で20%還元のキャンペーンをやっています。

時間帯の指定などがありますが、全国どこでも所定のお店であれば特典が得られるのが魅力です。

毎月異なるキャンペーンという楽しみでもあり、1日限定といった制限もないので、何回でもキャンペーンの恩恵が受けられるのはPayPayならではのお得感です。

使える場所やお得な場所はSNSで情報収集

QRコード決済の悩みの種になりやすいのが、使える場所やお得なキャンペーンなどが探しづらいという点です。

その点、PayPayはFacebookやTwitter、Instagramなどで積極的に情報発信をしています。

特にSNSでは、PayPayが使えるイベントの情報などが配信されるのでフォローをしているとお得な情報が常々入ってきます。

新しくPayPayが使えるようになった場所などの紹介もあり、お得な使い方が即時に分かるようになっています。

最近では、肉フェスや海の家といったイベントで使えるようになっています。
paypayが海の家で使える
お財布を持ち歩かなくて良いので、盗難の心配なども少なく、スマートな会計ができると評判です。

PayPayだからこそのお得感満載

PayPayは、LINE Payや楽天ペイに比べると後発のQRコード決済サービスです。

しかしながら、100億円あげちゃうキャンペーンなどでユーザー数を増やしており、利用店舗も随時拡大してきています。

そんなPayPayだからこそのお得感があるのも嬉しいところです。他のQRコード決済では対応していないサービスも実施しています。

セキュリティー面でも三段階認証できる

スマホでの決済をしてみたいと思うものの、セキュリティー面で不安という人もいるかもしれません。

システム障害などを不安視する人もいるかと思いますが、PayPayはソフトバンクグループが出資しているインドのpaytmと技術提携をしています。

MEMO
すでにインドでは給与支払いに対応するQRコード決済が普及しており、幅広くpaytmのサービスが利用されています。

インドの優秀なエンジニアの技術によってPayPayの運営も行われているため、セキュリティー面でも厳重なのが特徴です。

具体的には、メールアドレス認証などを行うことができ、三段階認証によって本人以外に簡単に利用できないようになっています。

残高に入金できる金額も1日の上限が決まっているため、むやみにチャージをして利用できないようにもなっています。

他にも安心して利用できる対策があります

  • 専任スタッフによる未然防止・常時監視
  • 24時間365日、いつでも安心の電話対応
  • 万が一の場合も安心な補償制度 ※諸条件あり

サポートや補償制度があるPayPayのほうが現金より安全性が高いかも

Tポイントも貯まって投資もできる!

さらに、PayPayはTポイントカードとの連携ができます。

1度設定をしてしまえば、自動的にTポイントが加算されるので、買い物をすればするほどTポイントが貯まります。

Tポイントはそのまま買い物に利用することもできますし、SBI証券やSBIネオモバ証券などで投資の原資として活用することも可能です。

PayPayでお得にポイントを貯めて、資産運用もできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。